65歳の男性が死亡で飲食店経営者を逮捕 秋田 (21/04/04 18:00)

0

2021年3月31日、秋田県能代市の路上で65歳の男性に蹴るなどの暴行を加え、死亡させたとして、秋田県三種町の33歳の男が傷害致死の疑いで逮捕された。

 逮捕されたのは、秋田県三種町鵜川に住む成田久志容疑者(33)。警察によると成田容疑者は2021年3月31日午前3時20分ごろ、秋田県能代市柳町の路上で、能代市内に住む無職の藤田政則さん(65)に蹴って転倒させるなどの暴行を加え、頭に傷を負わせて死亡させたとして、傷害致死の疑いが持たれている。

 2人に面識はなかったと見られ、警察が事件のくわしい経緯を調べている。

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら