2021 08 31 滋賀県 知事・コロナ悲鳴【 外出の 半減 】要請

0

滋賀県の三日月知事は「緊急事態宣言」が出されて以降も、県内の主な駅や大型商業施設などで十分に人出が減っていないとして、「外出の半減」など外出自粛を徹底するようあらためて県民に求めました。

三日月知事は31日に県庁で開かれた会見で、大津駅や草津駅など県内の主な駅の周辺や大型商業施設など県内9か所について「まん延防止等重点措置」が適用される前の今月7日までの1週間と、「緊急事態宣言」が出されたあとを含む今月28日までの1週間の人出の状況について報告しました。
それによりますと、飲食店などの営業時間の短縮要請の効果などによって午後9時以降は17%から最大で50%減少したとしています。
しかし、1日全体でみると7%から28%にとどまり、特に主な駅の周辺では減少幅が少なく、十分に人出が減っていない傾向がみられるということです。
これについて三日月知事は「人の動きが減ると接触が減り、感染のリスクが下がる。そのことが私たちの大切な命を守る医療資源をより必要な方に届けることにつながるので、ぜひ協力をお願いしたい」と述べ、県民に対して「外出の半減」など不要不急の外出自粛を徹底するようあらためて求めました。
会見にさきだって三日月知事は来年度、令和4年度の予算に向けて幹部を集めた会議を開き、新型コロナウイルスへの対応や財政健全化の推進などに重点をおいて予算編成を進める方針を示しました。

 

コロナ渦の安心材料!!
何かあった時の【副収入】
「ステイホーム」
在宅ワークで高収入ゲット!

https://hukugyou-diamond.com/lp/gensen-secret-anken/