2021 02 16 札幌市 全域・時短要請・飲食店など・営業時間・午後10時まで

0

新型コロナウイルスの集中的な対策期間について、道は16日から当面、国の緊急事態宣言が解除されるまで延長した上で、札幌での対策を強化するため今月いっぱい、市内全域の飲食店やカラオケ店などに営業時間を午後10時までに短縮するよう要請しています。

道は15日までとしていた集中的な対策期間について、当面、東京など10の都府県を対象に出されている国の緊急事態宣言が解除されるまで延長しました。
札幌での対策を強化するため、特別措置法に基づいて今月いっぱい、市内全域の飲食店やカラオケ店などに営業時間を午後10時までに短縮するよう要請しています。
また、今月いっぱいは札幌市と小樽市で感染のリスクを避ける対策がとれない場合に、不要不急の外出やほかの地域との行き来を控えるよう求めている要請も継続します。
一方、国の緊急事態宣言が解除されるまで、道民に緊急事態宣言の対象地域との不要不急の行き来を控えることや、同居していない人との飲食はできるかぎり控えることなどを引き続き要請しています。
さらに、春の人事異動や入社・入学に伴う人の移動で感染が拡大するのを防ぐため、引っ越し時期の分散化などを呼びかけています。

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら