100年超続いた動物園の売店 コロナ禍で幕・・・店主の涙(2021年4月2日)

0

歴史のある動物園で100年以上続いた売店がコロナ禍で閉店。その最後の日に密着しました。

 85歳の小沢えい子さんはこの日、半世紀に及んだ売店人生に別れを告げます。

 甲府市にある市立動物園の園内に100年以上、続いてきた売店があります。そこで自慢のおでんを作るえい子さんは看板店主でした。

 突然、えい子さんが走り出しました。最後の日まで大忙しです。

 大正時代に創業した小沢売店。えい子さんは34歳の時に3代目の店主になりました。以来51年間、家計を支えるために働き続けてきました。

 閉店を決めたきっかけの一つはコロナ禍でした。去年、動物園は2カ月間、閉園。売り上げが例年の半分に激減したのです。

 約20年間、一緒に働いてきた娘のひとみさん(54)も閉店の決断を後押ししました。

 長年働いてきた看板店主もこの日が見納め。名物のおでんも食べ納めです。

 いよいよ閉店です。すると以前、一緒に働いてくれた元従業員が駆け付けてくれました。

 51年に及んだ売店人生に幕が下りました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら