4月以降“飲食店クラスター”は全て盛岡市内 新型コロナ 新たに8人感染 <岩手県> (21/06/07 19:50)

0

6月7日、岩手県内では新たに8人の新型コロナウイルスへの感染確認が発表された。
県は新たに盛岡市内中心部の飲食店でのクラスターを認定した。
4月以降の飲食店でのクラスターはすべて盛岡市内で発生している。

新たに感染が確認されたのは盛岡市で7人、県央保健所管内で1人の10歳未満から60代までの男女あわせて8人。

このうち盛岡市の60代男性は市内中心部にある飲食店の利用者。
この店ではこれまでに店員や利用者など5人の感染が公表されていた。
一連の患者の数は6人となり、県は新たにクラスターと認定した。
4月以降の飲食店でのクラスターは、すべて盛岡市内で発生していて8件目となった。

また盛岡市の10歳未満の女の子は市立学校に通う児童。
この学校では6月7日から9日まで臨時休校となっていて、今後、職員や児童など30人ほどが検査の対象となる。

県内の累計の患者数は1510人、入院している人は62人となっている。

直近1週間の人口10万人あたりの新規患者数は、県全体では5.5人、盛岡市では14.7人となった。

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら