飲食店への卸売りが売上の7割 【重点措置】で終日酒類提供自粛の郡山市 酒店の現状<福島県> (21/08/24 19:47)

0

福島県郡山市の清水台平野屋は、市内にある約100の飲食店などに酒を卸している。
重点措置の適用で、飲食店では終日酒類の提供が自粛に。飲食店への卸売りが、売り上げの7割を占めるだけに打撃は避けられない。

清水台平野屋・野内哲夫代表取締役:「時短要請が出てから1年以上になりますけど、その期間はだいたいこれくらいの量で足りていた。これからは在庫分も動かなくなるので非常に淋しいですね」

特に影響を受けているのがビール類。
清水台平野屋・野内哲夫代表取締役:「この生樽というのは、機械がないと出ないので飲食店でほぼ消費されている商品なので、明らかに大きく影響が出ますね」

苦しい状況が続いているが、消費者が店頭で安く酒を買えるようクーポンを配るなど、あの手この手で難局を乗り越えようとしている。
清水台平野屋・野内哲夫代表取締役:「県内の日本酒とかワイン焼酎もあるのでそういったものを、この機会に使っていただいて、今まで飲んでいなかったようなお酒も飲んでいただけたらなと思う」

 

コロナ渦の安心材料!!
何かあった時の【副収入】
「ステイホーム」
在宅ワークで高収入ゲット!

https://hukugyou-diamond.com/lp/gensen-secret-anken/