都内でコロナ患者の“救急搬送断念”が多発(2021年8月24日)

0

 東京都内で先週、救急搬送を求めたコロナ患者の約6割が搬送されず、救急搬送されても5時間以上かかったケースが100件を超えていたことが分かりました。

 東京消防庁によりますと、16日から22日までの1週間に新型コロナ陽性者の119番通報は1983件ありました。

 このうち救急搬送したのは823件で、約6割にあたる1160件は搬送しませんでした。

 受け入れ先の病院が見つからず、保健所の判断などで搬送を断念したということです。

 また、救急搬送した823件のうち、搬送に5時間以上かかったケースは103件でした。

 100件を超えたのは2週連続で、コロナ患者の救急搬送の深刻な状況が続いています。

 東京都内では現在、2万5000人以上が自宅療養しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

 

コロナ渦の安心材料!!
何かあった時の【副収入】
「ステイホーム」
在宅ワークで高収入ゲット!

https://hukugyou-diamond.com/lp/gensen-secret-anken/