肥満多い国がコロナ死亡率高い 英150億円で対策(2021年3月5日)

0

世界肥満連盟は4日、肥満の人が多い国の方が新型コロナによる死亡率が高いとするデータを公表しました。こうしたなかイギリス政府は約150億円規模の肥満対策を打ち出しました。

 世界肥満連盟によりますと、全世界での新型コロナの死者の約9割は肥満の人たちの割合が人口の半分以上を占める国に集中しているということです。

 また、それらの国では肥満の割合が人口の5割に満たない国に比べてコロナによる死亡率が10倍も高いことが分かりました。

 ボリス・ジョンソン首相:「この国で私のように肥満の問題を抱えている70万人の人たちに私がしているように減量に取り組んでもらいたい」

 イギリス政府は体重管理のアプリの導入や専門家によるサポートを受けられる体制づくりなどに総額1億ポンド、日本円で約150億円を投じます。

 さらに、減量に取り組む人への報奨金の支給なども取り沙汰されています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら