群馬県内で新型コロナ感染再拡大  警戒度「3」に引き上げ 感染者の推移は(21/08/02)

0

新型コロナウイルスの感染が再拡大していることから群馬県独自の警戒度が2日から3に引き上げられました。

新型コロナウイルスの月ごとの感染者の推移です。県内では今年6月に200人以下まで減少しいったん落ち着きを見せましたが7月の後半から感染者が急増しています。

県独自の警戒度は今月2日から「3」に引き上げられました。警戒度3では飲食店への時短要請などは行われませんが感染リスクが高い場所への外出自粛などが呼びかけられています。7月の感染者の推移です。7月前半は1桁で推移していた感染者ですが後半にかけて急増。29日からは連日100人を超え31日にはこれまででもっとも多い136人の感染が確認されています。

また、年代別の感染者の割合を先月と比較すると70代以上の高齢者が大幅に減少している一方、20代と30代で半数以上を占め若い世代の感染が増えているのがわかります。こうしたことを受けて山本知事は若い世代に向けて注意を呼びかけました。

県内のワクチン接種も進んでいます。7月末時点で2回接種を終えた人の割合は高齢者で80・40パーセントで県民全体では26・32パーセントとなっています。県では11月末までに希望する全ての県民への接種を終えたいとしています。

 

コロナ渦の安心材料!!
何かあった時の【副収入】
「ステイホーム」
在宅ワークで高収入ゲット!

https://hukugyou-diamond.com/lp/gensen-secret-anken/