時短営業 1日6万円協力金 飲食店に給付始まる 福岡県 (21/02/16 20:15)

0

緊急事態宣言に伴う時短営業に協力した飲食店への協力金の給付が、16日から始まりました。

給付が始まったのは、福岡県に出された緊急事態宣言に伴って、営業時間を午後8時までに短縮した飲食店への協力金です。

県は2月7日からの受付期間に申請を済ませた飲食店に対し、1日あたり6万円を銀行振り込みの形で給付しています。

申請の受付は3月7日までで、県には15日午後5時までに1万7000件余りの申請が寄せられていて、申請の約1週間後には協力金が振り込まれるということです。

今回の給付は、緊急事態が当初設定されていた2月7日までの協力金で、その後の延長期間の分については3月8日から申請を受け付ける予定です。

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら