時短営業 対応苦慮する飲食店も 県の要請期間開始<岩手・盛岡市> (21/08/31 12:30)

0

県独自の緊急事態宣言に伴う岩手・盛岡市の飲食店を対象とした時短営業の要請期間が8月30日から始まった。初日は客への対応に苦慮する店もあった。

30日、県の要請に応じ午後8時までの短縮営業を始めた盛岡市大通の飲食店では、客の入店をやむなく断る場面がみられた。

創作料理・居酒屋ひまわり 田村和真さん(31)
「『すっごい美味しそうなので入りたかった』と…でも8時(閉店)なので申し訳ないですと(入店を)お断りしました。楽しくみんなで(酒を)飲める生活に戻りたいと思って(時短要請に)協力しようかなと思っています」

午後8時を過ぎ飲食店が次々に店じまいを始めると足早に帰宅する人の姿も。

街の人は
「1杯だけ(酒を)飲んできたんですけど、もう帰ります。きょうは帰って寝ます。(街が)寂しくなっちゃいましたね」

一方、県は30日、「飲食店見回りチーム」を発足し、9月12日まで県と市の職員が市内の繁華街を中心に時短営業の状況を確認することにしている。

 

コロナ渦の安心材料!!
何かあった時の【副収入】
「ステイホーム」
在宅ワークで高収入ゲット!

https://hukugyou-diamond.com/lp/gensen-secret-anken/