新型コロナ 熊本県新たに52人感染 新規感染者のうち半数以上は熊本市 (21/04/26 18:30)

0

新型コロナウイルス、熊本県は26日、新たに52人の感染が確認されたと発表しました。新規感染者のうち、半数以上は熊本市での確認となっています。
新たに感染が確認されたのは、熊本市で31人、御船町で8人、玉名市で7人、荒尾市、上天草市、宇城市、人吉市、長洲町、山都町で、それぞれ1人など合わせて52人です。県内の感染確認は3952人となりました。
このうち玉名市の30代の女性は、玉名市役所の健康福祉部に勤務する職員です。
職員の感染を受け玉名市役所は、本庁舎を臨時閉庁し、消毒を実施。
27日から通常業務に戻るということです。
クラスター関係では、荒尾市民病院に入院していた長洲町の70代の男性の感染が新たに確認され、この病院でのクラスターは合わせて10人に。
熊本市では、中央区の『Dj BarJast one reboot』で行われた音楽イベントの参加者6人の感染が新たに確認され、この店でのクラスターは合わせて14人になりました。
また、県内での変異株への感染は、25日から39人増え、これまでに疑いも含めて
237人確認されています。

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら