感染拡大地域との往来自粛呼びかける 新型コロナ感染者増加を受け谷藤市長<岩手・盛岡市>  (21/04/02 19:40)

0

岩手県盛岡市で新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあることから、谷藤市長は4月2日の定例会見で、感染が拡大している地域との往来の自粛を改めて呼びかけた。

谷藤市長は、宮城や山形など東北で新型コロナウイルスの感染者が急増している地域があることや、盛岡市内でクラスターが発生したことを受けて、改めて注意を呼びかけた。

盛岡市 谷藤市長
「進学や就職など人の往来による感染拡大の可能性が高まることから、感染が拡大している地域や、外出自粛の要請がある地域との往来は慎重な判断をお願いする」

なお、ワクチンについては4月12日以降に高齢者施設の入所者や長期入院患者など、一部の高齢者に限り接種を開始する予定。

3月16日に開設されたワクチンの接種に関するコールセンターについては、3月末までの時点で、5513件の問い合わせがあったという。
相談内容については接種の申し込み方法など、予約に関するものが殆どだった。

また、一般の高齢者の接種は5月以降になる見通しで、市は体制が整い次第、予約を受けつける方針を示した。

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら