巨大小便小僧でコロナ退散 ベルギー人作家が軽トラで移動展示

0

軽トラの荷台で、巨大でカラフルな小便小僧が東京ドライブを楽しんでいる。ベルギー人アーティスト、パトリック・ジェロラさんの作品。コロナ禍で美術館などでの展示が自粛される中、移動展覧会で見てもらおうという試みだ。この日は渋谷、東京タワーや銀座などを巡った。ブリュッセルにある本物の小便小僧の由来には諸説あるが、おしっこをすることで街を救った英雄とされる。本家が身長61㌢ほどなのに対して、こちらは2㍍20㌢。パワーアップした小便小僧がコロナを退散させて欲しいとの願いも込めた。

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら