天才哲学者マルクス・ガブリエルが語るコロナ後の未来と倫理【報ステ×未来を人から 完全版】【未来をここから】【Markus Gabriel】

0

ドイツの名門ボン大学で、史上最年少で教授になった哲学者マルクス・ガブリエル(41)。
数々の巨大IT企業で倫理的に経営アドバイスもするガブリエル教授は異色の経歴から「哲学界のロックスター」とも称されます。
そんなガブリエル教授はコロナをきっかけに倫理や道徳が世界の価値観の中心となる時代が来ると語ります。
今回、倫理資本主義とは何かについて、オリンピックやコロナを例に紹介。さらに民主主義の危機について、ガブリエル教授にリモート取材。
倫理を重視するようになるというアフターコロナの先に、ガブリエル教授は、どのような未来を見ているのでしょうか。

0:15~ マルクス・ガブリエル教授
0:55~ 日本についての印象
2:36~ コロナについて
4:08~ 倫理資本主義とは
8:59~ 倫理的価値と経済的価値
10:18~ 倫理アドバイザーの必要性
11:02~ オリンピックについて
12:29~ 米中と世界の流れ
14:43~ 民主主義の危機
17:04~ ガブリエル教授が見る未来
19:33~ 若い世代へのメッセージ

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら