大阪の民間病院トップ「けしからんです」コロナ受け入れ率の低迷で政府が法改正へ…協力要請が“勧告+機関名公表”に(2021年1月18日)

0

医療体制が徐々に限界に近付く中、1月18日に通常国会が始まりました。その中で政府は、新型コロナウイルス患者用の病床の確保を進めるため、現在『感染症法』で国や都道府県知事が医療機関に“協力を要請できる”としている規定を、“勧告できる”に強める法改正をする方針です。また、勧告に応じない場合は“医療機関名を公表できる”ようにしようとしています。

 背景にあるのは、民間病院のコロナ患者の受け入れ率の低さです。

 例えば大阪府では、公立や公的な病院のうち87.5%がコロナ患者を受け入れていますが、民間などの病院は436機関あるうち46機関、10%あまりしか受け入れていないのです。

 民間病院側はこの動きについて、どのように受け止めているのでしょうか。大阪府私立病院協会の生野弘道会長が取材に応じてくれました。

(2021年1月18日放送 MBSテレビ「Newsミント!」より)
#新型コロナウイルス #感染症法 #大阪府私立病院協会

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら