大学生内定率 コロナ前水準に 企業がオンライン面接に慣れ

0

大学生の就職内定率が、コロナ禍以前の水準まで回復。

人材サービス大手リクルートによると、2022年春に卒業する大学生の6月1日時点での就職内定率は、68.5%だった。

前の年の同じ時期と比べると、11.6ポイント増え、コロナ禍以前の水準まで回復した。

2021年の就職・採用活動では、オンラインと対面の使い分けが進んでいるのが特徴で、選考の初期段階はオンラインでの面接が、後半は対面での面接が多く実施されるケースが増えているという。

リクルートは、「ことしは、企業がオンラインでの面接方法に慣れてきていて、内定に向けた採用活動をスムーズに行えている」と分析している。

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら