仙台市内の飲食店関連事業者へ支援拡充 31日から受付開始 (21/03/31 19:49)

0

時短要請で売り上げが落ち込んだ飲食店の関連事業者などを対象に、仙台市が独自に支給する支援金が3月31日から拡充されました。

仙台市は青葉区国分町の専用窓口で、31日から拡充分の支援金の受付を始めました。申請は5月14日までで、独自の緊急事態宣言や時短要請の影響を受けた事業者が対象です。
これまでは、前年と比べて月の売り上げが5割以上減少した事業者のみ対象でしたが、3割以上減少した事業者も法人で最大20万円、個人事業主で最大10万円が支給されます。

仙台市緊急経済対策 日下和彦 担当課長
「緊急事態宣言や時短要請に伴い、事業者は大変厳しい状況にあると認識している。関連事業者支援金を活用いただければと思う」

31日は、飲食店への市独自の支援金も要件が緩和され、支援額も最大120万円に増額されています。

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら