仙台市以外にも時短要請に 対象飲食店は協力金に一息も…不安続く〈宮城〉 (21/04/05 20:14)

0

今回は仙台市以外の飲食店も時短要請の対象となりました。飲食店からは協力金に安堵する一方、今後への不安の声も聞かれました。

宮城県大崎市古川の飲食街です。「もんじゃ焼き」が評判のこの店では、感染拡大の前まで地元客でにぎわっていましたが、新型コロナの影響で売り上げが激減。去年12月ごろからは客が来ない日も珍しくなくなったといいます。

居酒屋とっこ 滝川とみ子さん
「とにかく自分たちで抑えることができるなら努力も協力もしていけるんですけど、これだけはお客さんあってのことなので、やっぱり辛いことは辛いですよね」

先行きに不安を募らせていたときに決まった今回の時短要請。要請には全面的に協力するつもりですが、不安は消えないといいます。

居酒屋とっこ 滝川とみ子さん
「これを1カ月やってみて、これでまた、感染者数が少なくならなかったらどうするんだろうと、その方が恐いですよね」

気仙沼市の「紫神社前商店街」です。飲食店10店ほどが入居していますが、多くの店の前には休業の張り紙が…。
この居酒屋も午後9時までの時短要請に応じるつもりです。

居酒屋まるきん 鈴木光浩さん
「協力金があるから協力しますかとなる。何もないと厳しくなる」

大型連休を控えたこの時期。例年なら、観光客の来店も期待できますが、今年はそれもないと見込んでいます。

居酒屋まるきん 鈴木光浩さん
「乗り切るしかないだけで期待も何もない。これを何とか乗り切るだけ」

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら