ワクチン「担い手」潜在看護師に接種【新型コロナ】

0

 新型コロナワクチンの「打ち手」として期待される「潜在看護師」へのワクチン接種が、東京で行われました。

 30日のワクチン接種は、東京都の要請に応じ、ワクチンの「打ち手」として応募した看護の職についていない、いわゆる「潜在看護師」およそ200人を対象に行われました。

 看護協会が開いた実技などを含む接種講習を受講していて、来月8日にはじまる東京都の大規模接種センターや、医療機関でのワクチン接種で業務にあたる予定です。

 「(離職して)20年以上経っても、このようなチャンスが与えられたというのは、とても光栄だなと思いました」(接種した潜在看護師)
 「自分が受けてみて、とても安心した気分になるので、是非微力ながらお手伝いできたらいいなと」(接種した潜在看護師)

 潜在看護師は全国で70万人いるとされていて、打ち手不足の解消が期待されます。(30日15:45)

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら