ロシアで動物向けコロナワクチン承認(2021年4月1日)

0

ロシアの動物検疫当局は動物向けの新型コロナウイルスワクチンがロシア国内で承認されたと発表しました。
承認されたのは「カルニワク・コブ」という名称のワクチンで、世界で初めての動物向けワクチンだとしています。
動物検疫当局は去年10月からイヌやネコ、キツネ、そしてミンクなどを対象に実験を行い「ワクチンを接種した動物の100%に抗体が作られた」と効果を強調しています。
動物向けワクチンは今月にも大量生産が始まる見通しです。
新型コロナの動物感染をめぐってはデンマークで去年11月、ミンクから変異したウイルスがヒトに感染したとしてデンマーク国内のミンク1,700万匹すべての殺処分が一時命じられる事態となりました。

#新型コロナ #ワクチン #殺処分 #動物感染

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら