モデルナ社製の新型コロナワクチン、接種後半年も抗体持続か

0

アメリカのバイオテクノロジー企業・モデルナが開発し、日本政府が契約を結ぶ新型コロナウイルスワクチンについて、接種してから半年後も抗体が持続する可能性があることが明らかになりました。

 これはアメリカの医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に6日、モデルナ社とCDC=疾病対策センターの研究者が共同で実験結果を掲載したものです。

 研究者らは、モデルナ社のワクチンの初期段階の治験に参加した33人の血液のサンプルを半年後に分析しました。その結果、全ての年齢層で高い水準の抗体が維持されていたということです。

 新型コロナウイルスのワクチンをめぐっては、ファイザー社も今月1日に、接種してから半年後に高い有効性が確認されたと発表しています。(07日13:32)

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら