バイデン氏 コロナ対策へ決意(2021年1月20日)

0

アメリカのバイデン次期大統領は19日、20日に就任式が行われる首都ワシントンに入り、新型コロナウイルスの犠牲者を追悼する式典に出席し、新型コロナ対策に取り組む決意を表明しました。
この日バイデン氏は、地元の東部デラウェア州の空港で、見送りの人々を前に演説しました。
演説の中では、がんで亡くなった息子のボーさんに言及し、涙ぐむ場面もみられました。
ワシントンに到着後、バイデン氏はリンカーン記念堂前で、新型コロナによる犠牲者を追悼しました。
ジョンズ・ホプキンズ大学の集計では、アメリカの新型コロナによる死者は19日、40万人を超え、世界最多となっています。
バイデン氏は、新型コロナ対策を最優先課題の一つに掲げ、就任後100日以内に1億回分のワクチン接種を達成したいと表明しています。
バイデン氏はこのあと、日本時間未明の就任式にのぞみます。

#アメリカ#バイデン#新型コロナ#ボーバイデン

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら