コロナ発生源めぐり米中応酬 “武漢流出説”に中国は反発

0

世界で猛威を振るう新型コロナウイルスは一体どこから来たのか、その発生源をめぐって、情報戦が繰り広げられています。

バイデン大統領は5月下旬、情報機関に追加調査をするよう指示を出しました。

バイデン大統領は、動物由来説だけでなく中国・武漢にある研究所からの流出説も可能性があると指摘。

アメリカが90日間とした調査期限が来週に迫る中、中国は情報戦を仕かけていて、アメリカを名指しで批判するなど真っ向から反論しています。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

 

コロナ渦の安心材料!!
何かあった時の【副収入】
「ステイホーム」
在宅ワークで高収入ゲット!

https://hukugyou-diamond.com/lp/gensen-secret-anken/