コロナ対策分科会・尾身会長 変異ウイルス「感染力強まっている」(2021年4月5日)

0

政府の新型コロナ対策分科会の尾身会長は、きょうの国会で、
変異した新型コロナウイルスについて「感染力が少しずつ強まっている」と述べ、
変異ウイルスの解析やクラスター対策の重要性を改めて強調しました。

尾身会長はこのように述べ、変異ウイルスの感染力が強まっているとの見方を示しました。
その上で、国内の変異ウイルスの解析を進めるとともに、
「クラスターの封じ込めが極めて重要だ」と述べました。

一方、菅総理大臣は、新型コロナウイルスの感染状況について、
「現時点では第4波といった全国的な大きなうねりとまではなっていない」との認識を示しました。

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら