コロナで「進路に影響あった」高3保護者の22.9%(2021年5月31日)

0

 新型コロナウイルスが子どもの進路にも影響を与えていました。

 政府系金融機関の日本政策金融公庫が今年1月末から2月初めにかけて全国の高校3年生の子どもを持つ保護者を対象に調査し、1277人から回答を得ました。

 その結果、「新型コロナウイルスで子どもの進路に影響があった」と答えたのは22.9%でした。

 具体的な影響については「自宅から通える学校に変更した」が36%、「費用の安い学校、学部に変更した」が29.5%でした。

 「進学を諦めた」「海外留学を諦めた」という回答もそれぞれ11.3%ありました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら