アメリカ 平均寿命 1.5歳短く 「一番の原因コロナ死亡率」

0

新型コロナウイルスの死者が60万人を超えたアメリカで、2020年の平均寿命が、前の年より1歳半短くなったことがわかった。

アメリカのCDC(疾病対策センター)は21日、2020年の1年間の平均寿命は77.3歳で、前の年よりも1歳半短くなっていたと発表した。

これは、第2次世界大戦以降では最も大きい下げ幅で、CDCは「新型コロナウイルスの死亡率が一番の原因」としている。

また、人種別では、白人が1.2歳短くなっていたのに対し、黒人や中南米系では3歳ほど短くなっていて、人種間でも差が出ている。

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

 

コロナ渦の安心材料!!
何かあった時の【副収入】
「ステイホーム」
在宅ワークで高収入ゲット!

https://hukugyou-diamond.com/lp/gensen-secret-anken/