アフターコロナ社会の行方を探る

0

コロナ騒動のあとは、どのような社会が待ち受けているのでしょうか。
 これに関して、幾つかの文章が出されています。中でも、ロックフェラー財団が出しているScenarios for the Future of Technology and International Developmentは、現在のコロナ騒動と類似した情景が描かれているために、重要な情報です。また、日本の内閣府には、コロナに関する情報の他に、ムーンショット型開発事業に関する概要が紹介されています。ここでは、1人が10体以上のアバターを自由に操作できる技術開発のようなロボット社会の実現を目指すというようなロボット社会の未来と新しい生活スタイルという記述が目につきます。マスクとソーシャルディスタンスの新生活は、このような未来社会像とどのような関係にあるのでしょうか。
 私たちは、このような未来社会構想に対して、どのような意見を発信するべきなのかということを、一人一人が考える時に来ているのではないでしょうか。

人口削減計画は本当★ロックフェラーが予告していた2020年(メイコさん)

中国の調査で、無症状PCR検査陽性者の身の回りには、ウイルスは、存在しないことが判明。(山下安音さん)
https://www.youtube.com/watch?v=CQJ1Z8-npu4
医師が語るコロナ騒動の真実 ~コロナ騒動の裏で進められていること~(仮面医師さん)

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信
https://www.covid19-yamanaka.com/index.html
ムーンショット型研究開発制度の概要(内閣府)
https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/gaiyo.pdf

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら