しながわのチカラ コロナに負けるな!戸越銀座・荏原町商店街

0

令和2年。世界中に広がった新型コロナウィルス。
4月7日。7つの都府県を対象に政府は最初の緊急事態宣言を行った。

外出自粛が呼びかけられ、都心の繁華街は閑散となる。
普段は飲食店で、にぎやかな、すずらん通りも、ごらんのとおり。

しかし、一方で戸越銀座商店街は、いつもと変わらない人通りだった。
11月。戸越銀座商店街連合会は独自の危機管理ガイドラインを作成した。

新型コロナウイルスと共存する現在、荏原町商店街でも、様々な感染予防対策がとられている。

抗ウイルス・抗菌効果のあるコーティング剤を、テーブルやいすなど、店舗内で使用。

この新型コロナウイルスに有効なコーティング剤を開発したのは、品川区にある特殊塗料の開発メーカーである。

新しい生活様式を送る厳しい状況のなか、日夜、奮闘する商店主たち。

東急池上線戸越銀座駅をはさんで東西およそ1.3km、およそ400店が軒を連ねる戸越銀座商店街。

医療従事者への感謝の気持ちや、新しい生活様式を訴える幕が掲げられている。

こちらは、商店街連合会のディスプレイ。
映っているのは「密カレンダー」である。
このカレンダーは、過去の通行量をもとに、お客さんの数を予測。密になる時間帯・混雑する状況を知らせている。密カレンダーの取り組みは、2月からスタート。
商店街に7か所あるディスプレイで、告知している。

戸越八幡神社の境内でも密カレンダーで商店街が混雑する状況を知らせている。

こちらは遠藤さんが経営する子ども服の店。
入店時にはアルコール消毒。接触感染と飛沫感染の対策をしている。
   
全国的に注目を集めているのが「新型コロナウイルス対応危機管理ガイドライン」。令和2年(2020)11月に完成したものである。遠藤さんが中心になって作成を進めたガイドライン。
その裏では遠藤さんを突き動かした大きな事件が起きていた。

令和2年(2020)4月。7都府県を対象とした最初の緊急事態宣言。
外出自粛が呼びかけられるなか、戸越銀座商店街は、いつもと変わらない人通りだった。
これを否定的にとらえた報道によって、商店街には苦情が殺到したという。

鹿児島県の商店街連合会でも、戸越銀座商店街のものを参考にした危機管理ガイドラインを作成。
神奈川県の商店街連合会では、先駆者を尊重する気持ちから、戸越銀座商店街のロゴを、そのまま使用している。

商店街の、どこを訪ねても、感染症対策は、しっかりしている。      
地域のライフラインとしての役目をまっとうしようと、商店主たちの奮闘は続く。

さて、そのほかの商店街は、どのように対策をしているのであろうか。

荏原町商店街にあるイタリア料理店「ビストロン」。こちらの感染症対策をうかがった。

荏原町商店街では抗ウイルス・抗菌効果のあるコーティング剤を令和2年(2020)7月に導入した。

コーティング剤をテーブルやいすなど、それぞれの店で使用。地域の人たちが安心して、商店街を利用できるように、およそ200ほどある店舗が一丸となって取り組んでいる。

荏原6丁目にある大川。昭和33年(1958)に創業した医療用、工業用塗料の開発メーカー。大手家電メーカーや医療機器メーカーと共同開発した実績もある。

そんな大川が、新たに開発したのが、抗ウィルス・抗菌コーティング剤の「VS」。代表の大川さんに話をうかがった。

新型コロナウィルスはインフルエンザウィルスと同じくエンベロープ膜(脂質性の膜)に覆われている。
VSに含まれる特殊アンモニウム塩化合物がウィルスのエンベロープ膜やカプシド(たんぱく質の殻)を破壊し、ウイルスの数を減らす。新型コロナウィルスは、こうしたメカニズムによって短時間で減少するのである。

新型コロナウィルス感染症対策に奮闘する商店主や、彼らを支援する人たち。
地域のライフラインを担う商店街のために、すべての者が協力を惜しむことはないであろう。
令和2年。世界中に広がった新型コロナウィルス。
4月7日。7つの都府県を対象に政府は最初の緊急事態宣言を行った。

外出自粛が呼びかけられ、都心の繁華街は閑散となる。
普段は飲食店で、にぎやかな、すずらん通りも、ごらんのとおり。

しかし、一方で戸越銀座商店街は、いつもと変わらない人通りだった。
11月。戸越銀座商店街連合会は独自の危機管理ガイドラインを作成した。

新型コロナウイルスと共存する現在、荏原町商店街でも、様々な感染予防対策がとられている。

抗ウイルス・抗菌効果のあるコーティング剤を、テーブルやいすなど、店舗内で使用。

この新型コロナウイルスに有効なコーティング剤を開発したのは、品川区にある特殊塗料の開発メーカーである。

新しい生活様式を送る厳しい状況のなか、日夜、奮闘する商店主たち。

東急池上線戸越銀座駅をはさんで東西およそ1.3km、およそ400店が軒を連ねる戸越銀座商店街。

医療従事者への感謝の気持ちや、新しい生活様式を訴える幕が掲げられている。

こちらは、商店街連合会のディスプレイ。
映っているのは「密カレンダー」である。
このカレンダーは、過去の通行量をもとに、お客さんの数を予測。密になる時間帯・混雑する状況を知らせている。密カレンダーの取り組みは、2月からスタート。
商店街に7か所あるディスプレイで、告知している。

戸越八幡神社の境内でも密カレンダーで商店街が混雑する状況を知らせている。

こちらは遠藤さんが経営する子ども服の店。
入店時にはアルコール消毒。接触感染と飛沫感染の対策をしている。
   
全国的に注目を集めているのが「新型コロナウイルス対応危機管理ガイドライン」。令和2年(2020)11月に完成したものである。遠藤さんが中心になって作成を進めたガイドライン。
その裏では遠藤さんを突き動かした大きな事件が起きていた。

令和2年(2020)4月。7都府県を対象とした最初の緊急事態宣言。
外出自粛が呼びかけられるなか、戸越銀座商店街は、いつもと変わらない人通りだった。
これを否定的にとらえた報道によって、商店街には苦情が殺到したという。

鹿児島県の商店街連合会でも、戸越銀座商店街のものを参考にした危機管理ガイドラインを作成。
神奈川県の商店街連合会では、先駆者を尊重する気持ちから、戸越銀座商店街のロゴを、そのまま使用している。

商店街の、どこを訪ねても、感染症対策は、しっかりしている。      
地域のライフラインとしての役目をまっとうしようと、商店主たちの奮闘は続く。

さて、そのほかの商店街は、どのように対策をしているのであろうか。

荏原町商店街にあるイタリア料理店「ビストロン」。こちらの感染症対策をうかがった。

荏原町商店街では抗ウイルス・抗菌効果のあるコーティング剤を令和2年(2020)7月に導入した。

コーティング剤をテーブルやいすなど、それぞれの店で使用。地域の人たちが安心して、商店街を利用できるように、およそ200ほどある店舗が一丸となって取り組んでいる。

荏原6丁目にある大川。昭和33年(1958)に創業した医療用、工業用塗料の開発メーカー。大手家電メーカーや医療機器メーカーと共同開発した実績もある。

そんな大川が、新たに開発したのが、抗ウィルス・抗菌コーティング剤の「VS」。代表の大川さんに話をうかがった。

新型コロナウィルスはインフルエンザウィルスと同じくエンベロープ膜(脂質性の膜)に覆われている。
VSに含まれる特殊アンモニウム塩化合物がウィルスのエンベロープ膜やカプシド(たんぱく質の殻)を破壊し、ウイルスの数を減らす。新型コロナウィルスは、こうしたメカニズムによって短時間で減少するのである。

新型コロナウィルス感染症対策に奮闘する商店主や、彼らを支援する人たち。
地域のライフラインを担う商店街のために、すべての者が協力を惜しむことはないであろう。

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら