【静岡県 新型コロナ】19人感染 川根本町で初の感染確認 迫る高齢者向けワクチン接種

0

佐藤さ新型コロナウイルスの県内の3月30日の感染者は19人で、3人の死亡が確認されました。県内で唯一感染者がいなかった川根本町でも初めて感染者が出ました。

 地域別の感染者は、藤枝市で7人、静岡市で5人などとなっています。県内の自治体で唯一感染者がいなかった川根本町でも、30日初めて1人が陽性と確認されました。この感染者は高齢ではない成人で、県内の感染者の濃厚接触者でした。また、県は新たに1人が変異ウイルスの検査で陽性になったと明らかにしました。国立感染症研究所にゲノム解析を依頼し、詳細を調べています。
 県内では高齢者へのワクチン接種の準備が進んでいます。伊豆市は、30日朝、接種券や予診票などが入った封書、約1万2800人分の発送作業に取り掛かりました。ワクチンは4月下旬ごろから届く見込みです。また午後には、医師会と消防、市民などが協力して、集団接種でアナフィラキシーなど副反応が出た患者にどう対応するのか、重点的に検証しました。
(映像:副反応への対応を検証する様子)
 医師や看護師が素早く駆け付け、救急隊が到着するまでの処置の方法などを確認しました。
<田方医師会 紀平章代会長>「心配はあると思いますけれども、マイナスのイメージよりも、とにかくできるだけ多くの方にコロナの抗体を持っていただいて、この大変な時期を乗り越えなくてはならないと思っていますので」
 高齢化率が50.56%と県内で最も高い西伊豆町にも、4月末に75人分のワクチンが届く予定です。町は、まず福祉施設の入所者への接種を予定しています。優先接種の対象となる65歳以上の高齢者は3788人。しかし、町内に大きな病院はなく、接種が順調に進むのか心配があります。
<西伊豆町 星野浄晋町長>「西伊豆町は4か所で集団接種を行おうと思っているので、そこに医者が2人張り付けるかというと、医療過疎だと難しい。全国一斉といっても都会と田舎は違うので、対処できるような対策はしていきたい」

#オレンジ6 3月30日放送

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら