【著者に訊く!】コロナ禍、貧困の記録(雨宮 処凛さん) 20210701

0

雨宮処凛の近著『コロナ禍、貧困の記録』(かもがわ出版)には
「2020年、この国の底が抜けた」というサブタイトルがついている。
その言葉通り、本書は2020年春から始まった「コロナ禍」で
追い詰められていく弱者と並走しようとした著者の記録だ。
単なるルポを超えて、実践する活動家の重い記述は、読む者に迫る。
だが、中には希望の灯も見える。救われる者から救う側へと転身する人の希望。
これはウェブサイト「マガジン9」の連載をまとめたものだが、貴重な記録である。

【YouTubeチャンネルと併せて、こちらもぜひ登録/フォローお願いします】
Facebook: https://www.facebook.com/dtimes17
twitter: https://twitter.com/dtimes17
note: https://note.com/democracytimes
メルマガ: https://www.mag2.com/m/0001687521

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら