【新型コロナ】静岡県 変異ウイルス18人判明 菊川では集団接種リハーサル

0

大型連休を前に新型コロナの変異ウイルスへの懸念が高まっています。県は4月22日、新たに18人が変異ウイルスに感染していたことが分かったと発表しました。

 <県健康福祉部 後藤幹生参事>「本日新たに変異株PCR検査陽性者18名を報告します」
 新たな変異ウイルス感染者を保健所ごとにみますと、東部と御殿場で5人ずつ、富士で3人、中部で1人、西部で4人となっています。また、スポーツ愛好家の集まりクラスター、陸上自衛隊板妻駐屯地のクラスター、裾野市の高齢者施設のクラスターでそれぞれ変異ウイルスが複数、確認されているため、県はこれらを変異ウイルスクラスターと考えています。
 <県健康福祉部 後藤幹生参事>「確実に変異株は増えている」
 一方、22日の新型コロナウイルスの新たな感染者を自治体別にみますと、静岡市で10人、浜松市で4人、島田市で3人などとなっています。
 菊川市では高齢者向けの集団ワクチン接種を想定したリハーサルが行われました。
 <長谷川寛彦菊川市長>「時間がどこでかかるとかどこに人がたまってしまうとか、問題がちょっとちょっと感じるところがあったので本番に向けて修正していきたい」
 菊川市では、5月8日から集団接種を始める予定です。

#オレンジ6 4月22日放送

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら