【新型コロナ】川勝知事が緊急呼びかけ 静岡県内58人感染 1日で最多の3人が死亡

11月27日、県内で新たに58人の感染が明らかになりました。川勝知事は緊急メッセージを発表、クラスターの発生など感染が特に拡大している静岡市と浜松市については特別警戒レベルにあるとして感染防止対策を呼びかけました。

<川勝平太知事>「静岡市や浜松市などでクラスターが頻発し、感染拡大に歯止めがかかっておらず、大変憂慮している。感染拡大を抑止し、県の医療提供体制を守れるかどうか今が大変重要な局面にある」
 川勝知事は午後1時過ぎから緊急の記者会見を開き、27日から12月20日までの約3週間を「集中対策期間」として最大限の感染防止対策を呼びかけました。年末年始の忘年会などを念頭に置いて対策が徹底できていないカラオケや接待を伴う飲食店への訪問を控えるよう呼びかけ、特に静岡市内のカラオケを伴う飲食店の訪問の自粛を呼びかけました。一方、飲食店への営業時間の短縮などは要請しない予定です。
<川勝平太知事>「地域別の感染者数では、静岡市と浜松市が圧倒的な多数となっており、特に静岡市の最近のクラスターの頻発には大変な危機感を持っております」
 県独自の6段階の警戒レベルは、静岡市と浜松市を特別警戒である警戒レベル5相当とし、県内全体は警戒レベル4に据え置きました。また、GoToイートについては、県は食事券の販売を12月1日から一時停止することを明らかにしました。すでに発行済の食事券や獲得されたポイントは引き続き使うことができるということです。
<川勝平太知事>「利用期限には余裕があるので、どうか急いで利用しようと思わず、感染拡大リスクが小さい同居の方々と少人数でご利用ください」
 27日も新型コロナの感染は拡大しています。静岡市は新たに22人が感染、2人が死亡したと発表しました。新たな感染者のうちの1人は静岡済生会総合病院のクラスター関連で、病院関連の感染者は合わせて41人となりました。また、静岡市内で新たに1つのクラスターが発生したということです。浜松市では新たに6人の感染が確認されたほか、高齢の男性1人が死亡したことが確認されています。このほか、伊東市では8人、三島市や富士宮市では4人など各地で感染は確認されていて、感染の広がりに歯止めがかからない状況になっています。
#オレンジ6 11月27日放送

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら