「多くのものを失った」コロナ危機を支えたエッセンシャルワーカーに感謝の紙吹雪(2021年7月8日)

0

アメリカで一時、新型コロナウイルスの感染が広がり、深刻な事態となっていたニューヨークで7日、新型コロナからの復興を祝い、医療関係者などに感謝を示すパレードが開催されました。
「ホームタウンヒーローズ」=「地元の英雄たち」と銘打たれたパレードには、最前線で市民の生活を支えた医療関係者や消防・警察、交通機関の職員など「エッセンシャルワーカー」およそ2,500人が参加しました。

医療関係者「去年の生活は非常に憂鬱で悲惨なものだった。このような事態になるとは思っていなかった。医療関係者、消防、警察、交通機関職員など、多くの人が病気の人を助けるために多くのものを失った」

また、パレードは、全米で初めて新型コロナワクチンを接種した看護師のサンドラ・リンジーさんが率いました。

リンジーさん「代表としてここにいられて光栄。謙虚に受け止める/私たちは事態の進展を祝っているが、感染拡大は終わっていない。最善の防御策はワクチン接種だ」

ニューヨークでは、ワクチン接種が進み、経済の正常化も進んでいます。

#新型コロナ#ニューヨーク#ティッカーテープパレード#ホームタウンヒーローズ#パレード#医療関係者#エッセンシャルワーカー#紙吹雪

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら