「コロナ感染症の切り札」 ワクチン先行接種開始 (2021年2月17日)

0

国内で初めてとなる新型コロナウイルスのワクチンの先行接種が東京都内の医療機関で始まりました。

 東京・目黒区の「東京医療センター」では、17日午前9時ごろから医師や看護師12人がファイザー社製のワクチンの先行接種を受けました。

 厚生労働省によりますと、17日からの先行接種は国立病院など約100の医療機関で医療従事者4万人が対象になっています。

 この病院では800人のスタッフが先行接種の対象で、この後の優先接種も合わせると2000人が受けるということです。

 最初に接種した新木一弘病院長:「初めての注射なのでどうかなと思っていたが、全く痛くないので大変、安心しました。ワクチンは新型コロナ感染症の切り札だと思っています」

 事務職員:「すごい痛いわけではないが、普通にちくっとした感じ」

 看護師:「特に痛みも腫れもないです」

 厚労省は先行接種を受ける人のうち2万人に健康状態を調査して、副反応などの情報を定期的に公表していくとしています。

 医療従事者の接種の後、4月以降、高齢者や基礎疾患のある人へと接種が進みます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら