「コロナ対策は万全」とIOCバッハ会長 一方、東京の感染者は急増(2021年7月13日)

0

IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は13日、大会組織委員会の橋本会長と会談し、「安心安全な大会のために万全の措置がとられている」と述べました。
(バッハ会長)ワクチン接種の取り組みなどコロナ対策としては、ここまで厳しい対策はとれるだろうかというぐらいの厳しい対策を設けている。
トーキョー2020ガンバリマショウ。
バッハ会長は会談の中で23日に開幕するオリンピックについてコロナ対策など万全の措置がとられていると自信をみせました。
8日に来日し3日間の待機期間を終えたバッハ会長は、今後、日本での活動を本格化させます。
一方で東京の感染拡大は続いています。
新型コロナの感染者が13日、新たに830人確認されました。
前の週から237人増えていてこれで24日連続で前の週を上回りました。

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら