「コロナをやっつけよう!」注射でウイルスを…小学生の版画が話題【佐賀県】 (21/02/23 18:35)

0

佐賀県内の小学生や就労支援施設の利用者が制作した木版画などの作品が佐賀市で展示されていて、「コロナをやっつけよう!」という思いが込めた小学生21人の木版画も展示されています。

この作品展は、県内の小学校の教師などでつくる「佐賀の絵の会」が、版画などの作品を通して子供たちの感性のすばらしさを感じてもらおうと毎年開いているものです。44回目となる今年は、小学校9校の児童と江北町の就労支援施設の利用者の作品、合わせて319点が展示されています。このうち、有明西小学校の5年生21人が図工の授業で作った一畳分のサイズの大きな版画です。「みんなでコロナをやっつけよう」というタイトルがつけられた作品には、武士が馬上から弓矢ではなく、注射で新型コロナウイルスをいる姿が描かれています。【有明西小5年・藤井孝太くん】「コロナに負けないようにがんばりたい、という気持ちで作りました。模様を彫るところが難しかった」この作品展は佐賀市の県立美術館で2月28日まで開かれています。

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら