「まん延防止」適用の仙台 飲食店に時短の貼り紙も(2021年4月5日)

0

宮城県では仙台市内の飲食店で営業時間を短縮するという貼り紙が多く見られました。

 県は3日に対策本部会議を開き、新型コロナウイルスのまん延防止措置の地域を仙台市とすることを決め、市内すべての飲食店に午後8時までの時短営業やマスク会食などを求めています。

 市内中心部では店頭に営業時間を午後8時までと記した紙を貼って周知する飲食店が多く見られました。

 仙台市民:「仕方ないという気持ちと、せざるを得ないという気持ちがある」

 また、仙台市以外のすべての市町村には、酒類を提供する飲食店などに午後9時までの営業を要請していて、県は対象となる約1万9000店に措置の内容を記した書面を郵送して周知を図っています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら