✅  新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化していることから、感染を過度に心配する人が増える一方で、感染をあまり気にしない人と…

0

💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UC5fA0BrHTXDP-E4HQr7G6zg?sub_confirmation=1
✍   の感染拡大が深刻化していることから、感染を過度に心配する人が増える一方で、感染をあまり気にしない人との分断が顕著になっている。  もっとも、本心から「自分だけは感染しない」と思い込んでいる人はおそらく少数派であり、たいていは「ちゃんと気をつけているから大丈夫」と考えているものの、その行動は慎重な人から見ると危険に見えるというパターンだろう。こうした乖離が生じてしまう最大の理由は、マニュアル思考と政府による無責任な説明にある。午後8時前であれば感染しない、という話ではない  「午後8時以降の外出自粛」はその典型だが、マニュアル思考に支配されている人は、午後8時前であれば何をしても大丈夫だと考えてしまう。だが政府や自治体が午後8時以降の外出を自粛して欲しいと要請しているのは、当たり前のことだが、8時以降になると感染し、8時前であれば感染しないという理由からではない。  8時以降の外出を自由にするとお酒を飲む機会が多くなり、深夜まで「密」の状態で食事をする人や、キャバクラや風俗に行く人、踊りに行く人などが増えてしまい、結果として感染するリスクが高まるからである。したがって8時前だからといって同じことをすれば、当然のことながら感染リスクは増大するので、時間そのものが問題なわけではない。  要するに「8時以降の外出自粛」という話は、できるだけ他人と食事をしたり、近い距離で会話をしたり、あるいは直接接触するような行動は避けて下さいという意味であり、それが顕著になるのが夜8時以降なので、8時という時間が設定されただけの話だ。8時前だからといって3密状態でお酒を飲んだり食事をすれば、感染リスクは増える。   ところが政府は「8時以降の外出は控えてください」としか説明しないので、マニュアル思考の人は8時前なら安全だと思ってしまう。  「会食の自粛」も同じようなものだろう。会食の自粛が呼びかけられていることから、多くの企業において、社内の飲み会や顧客との会食が中止になっているが、いわゆる会食さえしなければよいというわけではない。基本的に多くの人が集まって食事をするのはリスクが高いので避けた方よいという意味であり、場合によっては家族と外食に行くケースにもあてはまる。  もちろん、家族は毎日一緒に住んでいるので、他人と食事をすることとはワケが違う。だが飲食店に出かけた場合、感染対策か …
💖 #新型コロナウイルス

【コロナ渦を乗り越えよう!】
無料登録で飲食店応援!
お礼として500円分のお食事券ゲット!

詳細はこちら